就職エージェントとは?

就職エージェントを初めて利用される方に向けて就職エージェントについて解説します。

何をしてくれるの?

専任のキャリアコンサルタントがついて、就職活動に関する相談、面接の練習、企業の紹介を行ってくれます。
利用料金は無料です。

なぜ料金が無料なのか?

就活生の採用が決まり、辞めずに勤務を続けてもらえると採用した企業からエージェントに、人材を紹介してくれたお礼として、報酬が支払われます。
報酬の支払いには、勤続期間の条件が付いていますので、 エージェントはただ採用されやすい企業を紹介してくるわけではなく、あなたの希望に合った、続けてもらえそうな条件の企業を紹介してくれるということです。

利用の流れ

就活エージェントに登録

インターネットから就活エージェントにメールアドレスや電話番号等を登録します。登録完了後しばらくすると、メールか電話であなた宛てに、面談の日程調整の連絡が来ます。

エージェントと面談(電話または対面で)

希望の業種や勤務地の条件等、あなたにあった企業を探すための面談があります。もし、就活をする上で不安に思っていることがあればこのときに相談してもいいでしょう。

企業の紹介を受ける

エージェントがあなたに合いそうな企業を複数社紹介してくれます。エージェント経由でしか参加できない大手企業の特別コースや非公開求人を紹介してくれることもあります。

選考対策をする

応募する企業が決まったら、通常の選考と同じように選考対策を行いますが、就職エージェントを利用している場合はエージェントが一緒に選考対策をしてくれます。就活生の採用が決まるとエージェントの評価も高くなりますので、選考を受ける会社がどのようなことを重視しているか等の情報をもとに就活生をバックアップしてくれます。面接対策やエントリーシートの添削も行ってくれます。

選考結果の連絡

基本的に、選考結果は就職エージェントから就活生に連絡がきます。選考が通れば、次の面接日程の調整を行います。
万一、選考が通過しなかった場合は、どういった理由で通過できなかったか理由を教えてくれます。通常の選考では教えてくれることはまずないので、他の選考に活かすことができるのはかなりのメリットです。

新卒・20代30代の方におすすめの就職エージェント

最後に、ホワイト企業の求人が多く、評判の良い就職エージェントを紹介します。

ジョブスプリング

URL:https://jobspring.jp/

利用者の内定率が91.7%、3年以内離職率も0.1%と人気の新卒就活エージェントです。
最短2週間での内定実績があり、早期内定を目指す方にもおすすめです。

※WEB面談可能。関東の求人が中心となっています。


キャリアチケット

URL:https://careerticket.jp/

こちらも最短2週間での内定実績がある新卒就職エージェントです。
面接の質問対策やESの添削が丁寧で評判が高いサービスです。

※WEB面談可能。関東の求人が中心となっています。

20代・30代で転職活動中の方については、転職先企業との交渉に強いエージェントを利用することがおすすめです。

中でも、リクルートエージェントとMS-Japanでは、金融系職種・企業への転職に強いことに加え、転職先企業との交渉に強く待遇改善・年収アップを狙うことができます。

リクルートエージェント

URL:https://www.r-agent.com/

職務経歴書のテンプレートは勿論、応募書類の添削・志望企業への推薦など転職成功につながるサポートが充実しています。
また、リクルートエージェントには実際に入社した人の声など多くの情報が蓄積されているので、企業ホームページや求人広告を見ただけではわからない裏情報も教えてもらうことができます。

※電話・メールでの相談は勿論、土日や平日の夜にも相談可能。
来社の場合、全国各地の面談場所で行います。(札幌、仙台、宇都宮、大宮、千葉、丸の内、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡)

MS-Japan

URL:https://www.jmsc.co.jp/

大手企業や、外資系企業、優良ベンチャー企業または会計事務所、監査法人、法律事務所、金融機関といった様々な求人を多数保有。
管理部門・金融系を目指す方に人気のサービスです。

※東京、横浜、名古屋、大阪で面談可能なほか電話面談も対応。平日は20時まで、土曜日も対応。

タイトルとURLをコピーしました